地元ソウルフード「肉うどん」がビーフジャーキーに!新感覚の地元手みやげ誕生

←「かいヘイ!イベント情報」TOPページに戻る

株式会社とみくらが、北九州のソウルフード肉うどん風味の「肉うどんジャーキー」と「肉うどんスパイス」を、本日2024年7月8日(月)11時より販売開始した。(写真は「株式会社とみくら」提供)

以下は、株式会社とみくらのプレスリリースより

株式会社とみくら (福岡県北九州市)の一般向けブランドライン【restaurantとみくら】より福岡・北九州のソウルフード肉うどんの風味の「肉うどんジャーキー」と「肉うどんスパイス」を開発。

クラウドファンディングサイト「makuake(マクアケ)」より7月8日(月)11時より先行販売を開始させていただきます。

うどん発祥県、うどんの石碑、うどん番組……愛されるソウルフード。開発のきっかけは「肉うどん」の手土産がほどんどない!

福岡県は、北海道に次ぐ小麦の生産地。「うどん県」とも呼ばれています。

うどんの石碑に、毎週うどんの番組もあるほど…。

県民が全国に誇るソウルフードです。

しかし、九州最北の玄関口小倉駅や北九州空港でも

うどんにまつわる手土産がほとんどない。あったとしても温めて食べる肉うどんタイプなので

カバンに入れるとお土産にしては、かさばるし重い……

これでは、「北九州のソウルフード=肉うどん」という魅力・文化が広がりにくい…

北九州の肉屋だからこそ北九州の肉うどん文化をもっと広めていきたい!と思ったことが製作のきっかけです。

◎肉うどんの出汁、特徴的なネギ・生姜の風味をつけた肉うどんジャーキー。

1年かけて研究、開発。精肉卸業者だからこその”肉”の手みやげ品

西日本では珍しい黒っぽい出汁、生姜のツーンとした香りに、ネギがかかった北九州の肉うどん。

そこに、じゅんわり出汁を吸収した牛肉。

長年北九州の人たちの胃袋を支えてきた肉うどんをジャーキーとしてどう表現するか。地元の肉屋として肉うどんと向き合い、1年マーケティングを行いながら製作。

また口に入れた時の心地のいい食感を考えて、なるべく柔らかい肉の部位にこだわりネギや生姜のカット、出汁の割合などもグラム単位で研究。

うどんに乗せるのではなく、そのまま食べて肉うどんの味わいがするビーフジャーキーが誕生しました。

◎パッケージは肉うどんのお皿の上にジャーキーが乗っているように見えるデザインに。

パッケージから楽しめるように、そこにまるで肉うどんがあるかのようなデザインに!

うどんの器の上に乗る肉うどんを表現したく、円上にくり抜きました。

そのまま、袋から取り出して食べられることや、手みやげ仕様に常温もこだわったポイント

スタイリッシュなのでカバンにもすっと入るパッケージです。

パッケージ裏には肉うどんにまつわるストーリーも添えました。

◎肉うどんの風味の万能スパイスも同時開発&販売! 

今回のジャーキー製作にあたり、もう一つ作った商品があります。

ジャーキーの肉うどん風味を高めるために

特別に製作したオリジナル万能スパイスです。

ネギと生姜が効いた北九州の肉うどんらしさを表現した味わいです。

これがポテトフライやチャーハン、唐揚げにも相性抜群!こちらも今回販売することに決定!

<マクアケにて2024年7月8日(水)11時先行販売開始!>

クラウドファンディングサイトmakuake (マクアケ)にて先行販売を開始。

2024年7月8日(月)から8月30日(金)まで掲載発送は9月以降。

https://www.makuake.com/project/29udon/

本記事は情報入手日時点の内容です。

当サイト「かいヘイ!KitaQ」では、読者の皆さまからの情報を募集しています。

にほんブログ村 その他生活ブログ 地域イベントへ
にほんブログ村

情報提供は自薦他薦問いません。


採用させていただいた記事は、「Googleニュース」にも表示されます。

また、かいヘイ!各サイトでは、「北九州市イベント開催情報」のほか、北九州市飯塚市中間市直方市鞍手郡田川郡の開店・閉店情報も募集しています。

皆さん、よろしくお願いします。


<免責事項>
当サイトに掲載する情報に関しては正しいものを提供するよう務めておりますが、提供している情報、リンク先などにより、いかなる損失や損害などの被害が発生しても当サイトでは責任を追いかねますのでご了承ください。

コメント

新着情報

かいヘイ!北九州市

かいヘイ!飯塚市

かいヘイ!行橋市

かいヘイ!直方市

かいヘイ!中間市

かいヘイ!田川市

かいヘイ!遠賀郡

かいヘイ!鞍手郡

かいヘイ!京都郡

かいヘイ!田川郡